【WRC 第2戦】オストベルグ、ラリースウェーデンのシェイクダウンで最速

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ラリースウェーデンにおいて『シトロエンDS3』を運転するノルウェー人ドライバーのマッズ・オストベルグが2月5日、同ラリーのシェイクダウンで最速タイムを記録した。

多くのドライバー達は通常凍った道路に食い付くタングステンの先端を持つスパイクを守る選択をした。

シェイクダウンで使用されたタイヤはラリーの間にも使用可能で、ワールド・チャンピオンのセバスチャン・オジェもグラベルで覆われた路面でスパイクをマウントから剥がすリクスを犯さない選択をした。オジェはシェイクダウンを12位で終えた。

◆ラリースウェーデンのシェイクダウン順位

1. マッズ・オストベルグ(シトロエン DS3) ‐ 1分55秒8
2. ヤリ‐マティ・ラトバラ(VW ポロ R) ‐ 1分56秒2
3. クリス・ミーク(シトロエン DS3) ‐ 1分56秒6
4. ヘニング・ソルベルグ(フォード・フィエスタ RS) ‐ 1分57秒2
5. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ i20) ‐ 1分58秒0
6. クレイグ・ブリーン(フォード・フィエスタ RS) ‐ 1分58秒4
7. ユホ・ハンニネン(ヒュンダイ i20) ‐ 1分59秒9
8. マイケル・ソロウォウ(フォード・フィエスタ RS) ‐ 2分1秒0
9. ロバート・クビサ(フォード・フィエスタ RS) ‐ 2分1秒4
10. ユーリ・プロタソフ(フォード・フィエスタ R5) ‐ 2分2秒7
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集