タカタ第3四半期決算…販売好調と円安効果で営業利益倍増

自動車 ビジネス 企業動向
タカタは2月6日、2013年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高4063億2500万円(前年同期比+36.4%)、営業利益214億5900万円(+95.8%)、経常利益は211億7200万円(+76.5%)、四半期純利益は88億0300万円(+31.8%)だった。

北米や欧州、アジアでの販売が好調だったことや円安効果などにより、増収増益となった。米国反トラスト法違反の罰金70億1300万円を特別損失として計上しているが、四半期純利益も31.8%の大幅増益となった。

通期業績見通しは、第3四半期までの実績や第4四半期以降の為替見通しを踏まえ、上方修正。売上高5400億円(前回予想比+300億円)、営業利益270億円(+20億円)、経常利益260億円(+30億円)、四半期純利益115億円(+30億円)とした。なお、想定為替レートは対米ドル100円(前回予測時90円)、対ユーロ130円(同115円)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集