【デリーモーターショー14】ヤマハ発動機 「シグナス・α」インド投入…初のファミリー向け

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機は、2月5日からインド・デリーで開催された「第12回オートエキスポ2014(デリーモーターショー)」に、インド向け115ccスクーターの新製品「シグナス・α」を出展し、2月にインド市場で発売すると発表した。

「シグナス・α」は、急伸するインドスクーター市場において、中心であるファミリーカテゴリーにヤマハが初めて導入するモデル。

シグナス・αは、居住性・収納力・扱い易さといった実用機能を、モダンで洗練されたボディデザインに集約した。エンジンは「シグナス・RAY」シリーズと共通とし、高い走行性、経済性を継承する。

滑らかな発進性・心地よい加速感と優れた燃費性能の両立や、足付き性に優れ二人乗りでも余裕のあるフラットロングシート、フルフェイスヘルメットも収納可能な高い収納力、扱い易い軽量ボディと安定感のある走行性などが特長。

製造・販売はグループ会社 インディア・ヤマハ・モーター(IYM)が行う。

販売価格は4万9518ルピーで、発売から1年間で24万台の販売を計画する。

世界最大のインド二輪車市場は2013年に1400万台強にまで拡大した。特にスクーターは市場は急激に拡大している。2011年に240万台規模だった同国スクーター市場は、2014年は360万台にまで成長すると見られている。

ヤマハは2012年にインドスクーター市場に参入、第1弾は若い女性向け「シグナス・RAY」、翌年発売の第2弾は若い男性向け「シグナス・RAY・Z」を投入し、2013年末までに累計約18万台を販売した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集