凍結路でスリップしたトラック、分離帯を乗り越えて対向のマイクロバスと衝突

1日午後5時55分ごろ、青森県弘前市内の国道7号を走行していたトラックが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきたマイクロバスと衝突する事故が起きた。バスは炎上し、乗っていた4人が重軽傷を負っている。

自動車 社会 社会
1日午後5時55分ごろ、青森県弘前市内の国道7号を走行していたトラックが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきたマイクロバスと衝突する事故が起きた。バスは炎上し、乗っていた4人が重軽傷を負っている。

青森県警・弘前署によると、現場は弘前市撫牛子2丁目付近で片側2車線のほぼ直線区間。トラックは中央分離帯を乗り越えて対向車線側へ進入し、直後に対向車線を順走してきたマイクロバスと衝突。バスは衝突を避けようと急ハンドルを切った結果、隣車線の乗用車とも接触した。

衝突時の損傷でバスは炎上。運転していた大鰐町内に在住する40歳の男性が足を骨折する重傷。他の15人のうち、3人が打撲などの軽傷を負った。トラックを運転していた弘前市内に在住する59歳の男性も骨折などの重傷を負っている。バスは全焼したが、乗員は延焼前に車外へ脱出している。

現場は橋上で、事故当時は路面が完全凍結していた。警察ではトラックが凍結路面でスリップしたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 中央分離帯を乗り越えて対向車と衝突、2人死傷 画像 中央分離帯を乗り越えて対向車と衝突、2人死傷
  • トラックが分離帯を乗り越えて歩道に進入、歩行者をはねる 画像 トラックが分離帯を乗り越えて歩道に進入、歩行者をはねる
  • 中央分離帯を乗り越え、道路反対側のガソリンスタンドに突っ込む 画像 中央分離帯を乗り越え、道路反対側のガソリンスタンドに突っ込む
  • 横転車を避けようとして中央分離帯乗り越え 画像 横転車を避けようとして中央分離帯乗り越え