エアバス、カタール航空のCEOがトゥールーズの施設を訪問

航空 企業動向

エアバスは2月4日、カタール航空のCEOであるアクバー・アル‐バカー氏がトゥールーズにある同社の施設を訪れ、『A350』プログラムの進行に関する直接的なインフォメーションを得たことを公表した。

ドーハを本拠地とするこの航空会社は、最初の『A350 XWB』の運航者となり、また80機の航空機を注文した最大の顧客でもある。

アル‐バカー氏はこのサイトツアーの間に、カタール航空の特別塗装が施された、エアバスの最新型飛行テスト用航空機「MSN4」の除幕式を行った。この航空機は近々、A350の飛行テスト編隊に合流し、外部騒音や落雷テスト、航空電子工学の開発や認可、そして最初の顧客のパイロットやメンテナンスチームのトレーニングを行う。

「私は私の訪問の間に見たテスト機の除幕式に参加でき、とても喜んでいる。それは私に、2014年の我々の最初の納入に向けて、プログラムが順調に進んでいるという自信を与えてくれた。カタール航空においては、我々は効率的で快適な航空旅行の新しい章を開くことを熱望し、A350 XWBはこれを我々のために行うことだろう。この航空機は投射のルート拡大をさらにもたらし、経済性と快適性という余裕を与えてくれる」とアル‐バカー氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集