【ルノー キャプチャー 発表】ダウンサイジングターボで力強い走行性能

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
  • ルノー・キャプチャー
「ルノー・ジャポンは、コンパクトクロスオーバー『キャプチャー』の予約注文を1月31日より開始する。

ルノーのデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」に基づき、「Explore(冒険の旅に出る」をテーマにしたコンセプトカーの『キャプチャー』を市販化したものだ。

搭載されるエンジンは、新型『ルーテシア』と同様の1.2リットル直4ターボを採用している。

同社マーケティング部商品・広報グループチーフマーケティングマネージャーのフレデリック・ブレン氏は、「このクラスのダウンサイジング車は、(欧州では)親しみやすいし、分かりやすいが、日本ではまだ浸透していない。国内各地のモーターショーを回ったときは、2リットルクラスだと思われた」と話す。

同車の性能は、最高出力120PS、最大トルク190Nm。一般的な2リットル車に相当するパフォーマンスを有している。

「(日本では)”1.2リットル”という数字を聞いただけでは、走らないクルマだと思われてしまう。搭載したのは小型のシングルスクロールターボで、1700回転から9割のトルクを発揮する。6速デュアルクラッチを含め、ルーテシアと全く同じ設定にした」と、力強い走行性能をアピールした。
《小川 貴裕》

編集部おすすめのニュース

特集