米国運輸安全委員会、JALの787メインバッテリー不具合を調査するため調査官を派遣

航空 行政
米国運輸安全委員会(NTSB)は、日本航空(JAL)が保有するB787のバッテリーから白煙が発生したのを受けて、調査に参加すると発表した。

1月14日に成田空港で、出発準備していたJALが保有するB787のメインバッテリーから白煙は発生する不具合が発生した。

国土交通省航空局が調査しているが、NTSBは調査に参加するため、調査官を日本に派遣して調査を支援する。

調査結果は航空局が公表する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAL、787型機のメインバッテリーから白煙が発生 画像 JAL、787型機のメインバッテリーから白煙が発生
  • 米国運輸安全委員会、787型機発火事故の中間報告書を公表、4月にフォーラムと公聴会を開催 画像 米国運輸安全委員会、787型機発火事故の中間報告書を公表、4月にフォーラムと公聴会を開催
  • ユナイテッド航空、B787の営業運航を再開…スマイゼックCEO「運航再開で感無量」 画像 ユナイテッド航空、B787の営業運航を再開…スマイゼックCEO「運航再開で感無量」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース