中国クオロス、量産第一号車を顧客に納車…クオロス3

自動車 ビジネス 海外マーケット
中国上海市で行われたQOROSオートモーティブの量産第一号車、クオロス3の納車式
  • 中国上海市で行われたQOROSオートモーティブの量産第一号車、クオロス3の納車式
中国上海に本拠を置く新興自動車メーカー、QOROS(クオロス)オートモーティブ社は1月2日、量産第一号車を顧客に引き渡したと発表した。

この量産第一号車は2013年3月、ジュネーブモーターショー13でワールドプレミアされた『クオロス3』。クオロス3は、欧州で主力のCセグメントサイズの4ドアセダン。ボディサイズは全長4615mm、全幅1839mm、ホイールベース2690mm。

搭載エンジンは、ガソリン2種類。1.6リットル直列4気筒の自然吸気版は、最大出力126ps、最大トルク15.8kgmを発生。そのターボ版は、最大出力156ps、最大トルク21.4kgmを引き出す。トランスミッションは6速MTが基本で、6速デュアルクラッチはオプション。アイドリングストップが標準装備される。

なお、QOROSオートモーティブ社は2013年11月、広州モーターショー13において、クオロス3の中国発売を宣言。現地ベース価格は11万9900元(約200万円)で、今回、その量産第一号車が顧客に引き渡された。

記念すべき第一号車のオーナーとなったのは、上海市在住のインテリアデザイナー、Yu Min氏(28歳)。上海のディーラーで行われた納車記念式典では、マカデミアブラウンのボディカラーのクオロス3の前で、QOROSオートモーティブ社のVolker Steinwascher副会長から、同氏に車両のキーが手渡されている。

Yu Min氏は、「クオロス3の最初のオーナーになったことに興奮している。デザイナーとして、上品なスタイリング、広くて洗練されたインテリア、最新のコネクテッドサービスなどが気に入った」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • シトロエン DS に中国専用車、「5LS」…DS シリーズ初の4ドアセダン 画像 シトロエン DS に中国専用車、「5LS」…DS シリーズ初の4ドアセダン
  • 【上海モーターショー13】プジョーの小型4ドアセダン、301…年内に中国発売へ 画像 【上海モーターショー13】プジョーの小型4ドアセダン、301…年内に中国発売へ
  • 【上海モーターショー13】広汽ホンダ CRIDER …中国で6 月発売のミドルセダン[詳細画像] 画像 【上海モーターショー13】広汽ホンダ CRIDER …中国で6 月発売のミドルセダン[詳細画像]
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース