会津鉄道、列車を使った荷物輸送サービス…1個200円

鉄道 企業動向

会津鉄道の荷物サービス「列車で!はこぶくん」の案内。1個200円で荷物を送ることができる。
  • 会津鉄道の荷物サービス「列車で!はこぶくん」の案内。1個200円で荷物を送ることができる。
福島県の会津鉄道は2014年1月1日から、会津線の列車を使った荷物輸送サービス「列車で!はこぶくん」を始める。

駅員のいる西若松・芦ノ牧温泉・湯野上温泉・会津下郷・会津田島5駅の相互間で、1列車につき3個までの荷物を運ぶ。4月29日~5月6日・8月1~31日・10月1日~11月20日の各期間は利用できない。荷物は縦30cm・横30cm・高さ30cm以内、1個5kg以下、箱や封筒などに入っていることなどが条件。荷物の積み下ろしはサービスの利用者自身が行う必要がある。

取扱時間は西若松駅が6時50分~18時、芦ノ牧温泉・湯野上温泉・会津下郷駅が8時30分~17時、会津田島駅が5~23時で、この時間内に各駅を発車する列車で荷物を運ぶ。ただし西若松駅は土休日の取扱時間が16時まで。会津下郷駅は日曜日の取り扱いを行わない。

料金は1個200円。通常の宅配便で3辺合計80cm・5kgの荷物を会津鉄道の営業圏内で送ると950~1000円程度となる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集