マレーシア航空、JALとのコードシェアでバンクーバーへの飛行を開始

航空 企業動向

マレーシア航空
  • マレーシア航空
マレーシア航空は12月26日、2013年12月24日より有効となる日本航空(JAL)との新しいコードシェアを行うことにより、東京を介してのバンクーバーへのアクセスを可能としたことを発表した。

この新しいコードシェアは成田空港からバンクーバーへの日本航空のサービスを見ることができ、逆に日本航空はマレーシア航空のフライトコードを利用することができる。

マレーシア航空グループのCEOであるAhmad Jauhari氏は、「マレーシア航空は、我々の顧客に東京を介してバンクーバーに至る延長されたリーチを提供することをとても喜んでいる。このコードシェアはまた、日本航空にバンクーバーからクアラルンプールに至るアクセスを可能とするものである」と語った。

マレーシア航空は現在世界中の60以上の目的地に向けて直接飛行を行い、さらに150ヶ国の800の目的地に、そのワンワールドのパートナー達を介して飛行を行っている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集