エミレーツ航空、A380をロンドン第2の空港へ定期便就航

航空 企業動向

エミレーツ航空のA380
  • エミレーツ航空のA380
  • エミレーツ航空のA380
  • エミレーツ航空のA380
エミレーツ航空は12月26日、ロンドンのガトウィック空港にエアバス『A380』による毎日の定期便のサービスを行う、最初の航空会社となることを発表した。

2014年3月30日より、同航空会社は同空港での3フライトの中の1つで使用されているボーイング『777‐300ER』を489座席を持つA380に入れ替え、収容能力を36%増加させることとなる。

「ロンドンのガトウィック空港は我々が1987年にサービスを開始した時、英国における初の就航となった。それはロンドンだけでなく南東地域への戦略的なゲートウェイとして継続しており、我々はこの空港にA380によるデイリー便を就航させる最初の航空会社となることを喜んでいる」とエミレーツ航空の上級副社長兼主任業務役員であるティエリー・アンティノリ氏は語った。

2つのデッキを持つエミレーツ航空のA380は、399座席のエコノミークラスと76座席のフラットシートを持つビジネスクラス、14の豪華な個室を持つファーストクラスを提供する。

エミレーツ航空は現在A380を44機運用しており、また96の注文を保持する世界で最も大きなA380のキャリア。2013年に13機のA380航空機の納入を受け、それらは24の空港に向けて運航している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集