デルタ航空、ダグラス DC-9のリタイアを発表

航空 企業動向

デルタ航空のDC-9
  • デルタ航空のDC-9
デルタ航空は12月24日、2014年1月6日午後4時20分(現地時間)にミネアポリス/セントポール空港からアトランタに出発するダグラス『DC-9』がその運航を最後に、業務フライトからリタイアすることを発表した。

「DC-9は信頼性のある顧客の体験を提供すると共に、我々の国内線編隊の働き者だった。この航空機のリタイアはさらに新しい、効率の良い航空機に至る道を敷いている」とデルタ航空編隊戦略の副社長であるナト・パイパー氏は語った。

2008年より、デルタ航空は2クラスの65から76座席を持つ地域ジェット機であるボーイング『777-200LR』や、収容人数の大きな『737』と『717』の各種バージョンなど、経済的に効率が良く、実証されたテクノロジーを持つ航空機を加える間に、50座席の『CRJ-200』とサーブ『340』、DC-9などを含む350機以上の航空機をリタイアもしくは除外して来た。

このDC-9のリタイアは、デルタ航空が2014年の10月と11月にサービスに入る予定の、88機のボーイング『717-200』と100機のボーイング『737-900ER』の納入を受けた1ヶ月後に発表された。デルタ航空はまた30機のナローボディ『A321』を含む40機のエアバス航空機の注文を最近発表し、これらの航空機は2016年に納入が開始される予定である。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集