エアインディア、ドリームライナー機体メンテナンスのため10日間運航休止

エマージング・マーケット インド・南アジア

エア・インディア
  • エア・インディア
エアインディアの所有する機体、ドリームライナー・ボーイング787が12月初旬から メンテナンスのため運航を休止していた事をエコノミック・タイムスが報じている。

アジット・シン航空相がメディアの質問に答えた内容によると、昨年11月末に運航を開始したボーイング787だったが、今年11月までのおよそ1年の間に136の細かな問題が発覚。現在はソフトウェアのアップデート等、専門の技術チームが整備に取り組んでいる。

JALの所属機を始め、同機体の細かい故障についてはこれまでに何件か報告されている。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品