スターアライアンス、エアインディアの加盟プロセスを2年半ぶりに再開

航空 企業動向

スターアライアンスは、ウィーンで行われた加盟各社CEOで構成する社長会を開催し、エアインディアのスターアライアンス加盟に向けたプロセスを再開することを決定したと発表した。

スターアライアンスにとって、経済発展が見込まれるインドは、重要な航空市場となっており、インドを代表する加盟航空会社が必要との考えを持っていた。

エアインディアは2007年12月にスターアライアンスへの加盟申請が受理されたが、その後、インディアン航空との合併完了に注力するため、スターアライアンスとエアインディア双方の判断で、加盟プロセスを2011年7月に停止していた。

エアインディアは、インディアン航空との合併を完了し、サービス水準改善の基礎となる新機種も増やしている。インド航空市場も安定化の兆しが見えるため、エアインディアのスターアライアンス加盟に向けたプロセス再開の機が熟したと判断した。

エアインディアのロヒート・ナンダン会長は「今回の加盟プロセス再開はスターアライアンスとエアインディア、双方にとって大変有益なことである」とコメントした。

スターアライアンスネットワークは現在、計195カ国の1328空港へ、毎日2万1900便以上の便を運航している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集