大型トレーラーが側壁を乗り越えて約8m下まで転落、運転者が重傷

自動車 社会 社会

11日午後0時10分ごろ、兵庫県神戸市兵庫区内の山麓バイパス西行き線を走行していた大型トレーラーが路外に逸脱。側壁を乗り越えて約8m下まで転落する事故が起きた。トレーラーの運転席部分が中破し、運転していた28歳の男性が重傷を負っている。

兵庫県警・兵庫署によると、現場は神戸市兵庫区平野町付近で片側1車線の対面通行区間。大型トレーラーは天王谷インターチェンジ料金所を過ぎた後に道路左側の路外へ逸脱。側壁を乗り越えて約8m下の一般道に転落した。

転落の衝撃でトレーラーの運転席部分が中破。運転していた28歳の男性が腰骨を折るなどの重傷を負った。事故に巻き込まれた他の車両や人はなかった。

現場は山麓バイバスの西行き車線と、国道428号へ向かうランプウェイの分岐点付近。警察ではトレーラーの運転者がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集