【エコプロダクツ13】ダンロップ、エナセーブ100が推進協議会会長賞を受賞

自動車 ビジネス 企業動向

エナセーブ100
  • エナセーブ100
  • 授賞式の様子
住友ゴム工業は、ダンロップの100%石油外天然資源タイヤの『エナセーブ100』が、「第10回エコプロダクツ大賞」のエコプロダクツ部門でエコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞した。

エナセーブ100では、同社の一般的なタイヤで約60%を占める石油由来の原材料全てを、天然資源に置換えた。さらにタイヤの転がり抵抗性能が「AA」となる高い低燃費性能を達成し、ウエットブレーキ、乗り心地などの基本性能と耐摩耗性能を向上させるとともに、「省資源」という環境性能も付加した点が特徴だ。

今回の受賞は、エナセーブ100の石油や石炭などの化石資源に頼らないという環境負荷を低減した点や、耐摩耗性能の向上によるロングライフなどの省資源コンセプトが評価されたものだ。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集