ジェットブルー航空、高速インフライトWi-Fiサービスを開始

航空 企業動向

ジェットブルー航空は12月12日、飛行中のインターネット製品である『Fly-Fi』の開始によって、高速Ka‐バンドの衛星通信を使用する最初の航空会社となったと発表した。

次世代のインフライトWi-Fiとして、Fly-Fiは旅行者に自宅で使用するインターネットと同じスピードを持つブロードバンドインターネットを初めてもたらす。

ジェットブルー航空のFly-Fi Ka-バンド衛星通信は他の米国の航空会社が提供している古いインフライト通信より8倍速いものである。ベータピリオドが公開される間に、ジェットブルー航空は『シンプリー・サーフ』と呼ばれる飛行中の無料の基本的ウェブ・ブラウジングを、Fly-Fiを装備した航空機において2014年6月まで提供する。

このサービスに加え、ジェットブルー航空は高帯域プランであるFly-Fiプラスを、1時間9ドルで提供し、ストリーミング映画や容量の大きなダウンロードなどにも対応する。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集