安倍首相、マレーシア首相に新幹線技術売り込み…KL~シンガポール高速鉄道計画

エマージング・マーケット 東南アジア

安倍晋三首相は12月12日、訪日中のマレーシアのナジブ・ラザク首相と会談し、同国の首都クアラルンプールとシンガポールの330kmを結ぶ高速鉄道(HSR)プロジェクトに新幹線の技術を採用するよう呼び掛けた。

ナジブ首相によると、HSRプロジェクトに関心を示しているのは、日本側では日立製作所と住友商事、三井物産。政府は現在、事業化調査を実施しており、調査を終え次第、国際入札を実施して2014年中に最終決定する。日本の企業のみならず、中国や欧州の企業も関心を示している。2020年の開通を目指しており、総事業費は400億リンギに上ると見込まれている。

ナジブ首相は鉄道以外にもインフラ整備などで日本企業が参加する機会があるとし、日本企業の参加を期待していると述べた。マレーシアは中所得国家の中でも高い位置に移行しつつあり、今後は日本に対してグリーン・テクノロジーや再生可能エネルギー、再生技術、廃棄物処理など、より高度な技術を伴う投資を求めると表明した。

ナジブ首相によると日本はマレーシアにとり第1の投資国となっている。マレーシアでは約1400社がマレーシアにおいて事業を展開している。製造業への投資額はこれまで222億米ドル(71億リンギ)に上っている。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品