1本23万円から、KTCが漆ラチェットハンドルの受注を開始…鑑賞用美術工具

自動車 ビジネス 国内マーケット

KTCは11月より、ラチェットハンドルのグリップ部分に美しい装飾を施し、鑑賞用美術工具とした「ネプロス 漆ラチェットハンドル」7アイテムの受注を開始した。

新製品は、KTCと漆工芸の「佐藤喜代松商店」とのコラボレーションから誕生。世界最高クラスの90枚ギアを搭載し、「ネプロス 9.5sq.ラチェットハンドル」のグリップ部分に、漆を何層にも塗り重ね、京漆器の伝統技法を駆使した美しい装飾を施した。

ラインナップは、「金蒔絵」「白檀塗り」「研出蒔絵」「平蒔絵」「高蒔絵」「蒔絵と螺鈿(らでん)」といった漆工芸の伝統的な技法を駆使し、日本伝統の図案を描いた全7種とした。一本一本手作りによる完全受注生産のため、注文から商品引き渡しまで約3か月がかかる。

価格は23万1000円から49万3500円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集