「横断歩道、スマホに夢中で気がついたら赤信号」…ヒヤリ体験投稿大賞

自動車 ビジネス 企業動向

第4回ヒヤリ体験投稿キャンペーン!!『危なかッター』
  • 第4回ヒヤリ体験投稿キャンペーン!!『危なかッター』
東京指定自動車教習所協会は、9月21日から11月11日まで実施した、道路での危険な場面や、ヒヤリとした体験をテーマとした「第4回ヒヤリ体験投稿キャンペーン!!『危なかッター』」について、入賞作品を決定した。

キャンペーンには、全国から2383作品の応募があり、投稿作品に対するウェブサイト上でユーザー投票および、協会会員による審査を経て「危なかッター賞」1作品と、自転車に関わる作品の中から選出の「自転車特別賞」、ユーザー投票により選ばれたカテゴリー賞8作品、一番リツイートが多かった「Twitter賞」1作品、「いいね!」が多かった「Facebook賞」1作品、計12作品の入賞作品を決定した。

危なかッター賞は、「『スマホのゲームに夢中になっていたら赤信号に気付かずに横断歩道を渡りかけていた。車のクラクションで気付いて助かった。』危なかッター。」が選ばれた。

また自転車特別賞には、「『自転車走行中の前カゴからはみ出たバッグの肩掛け紐がガードレールに引っかかり、自転車から体が投げ飛ばされた…』危なかッター。」が選ばれた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品