イスラム金融市場、来年は2兆ドル規模に=マレーシア副財務相

エマージング・マーケット 東南アジア

アハマド・マスラン副財務相は11日、イスラム金融専門誌「イスラミック・バンカー・アジア」の発刊式で挨拶し、イスラム金融の市場規模は現在の1兆3,000億米ドルから、来年は2兆米ドルに拡大するとの見通しを示した。

非イスラム圏でのイスラム金融需要が増加しているためで、英国政府は来年、スクーク(イスラム債)を発行して資金を調達する。

アハマド・マスラン氏は「英政府の起債は想像もしなかったこと」と驚きを表明。「イスラム金融を促進するため、われわれが外国に打って出るべき事を示している」と語った。

アハマド・マスラン氏によると、イスラム金融は景気の波に左右されることがなく、こうした安定性を外国の金融当局が理解すれば、イスラム金融はますます広まるという。マレーシアは世界最大のスクーク起債国。
小栗 茂

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品