第一中央汽船、定期用船契約している2隻を期限前解約…解約金17億円

船舶 企業動向

第一中央汽船は、定期用船契約しているうち、市況から見て割高となっている2隻を期限前解約すると発表した。

現在の市況から見て割高となっている2隻の定期用船について、損失の軽減と今後の市況リスクを回避するため、期限前解約による返船を船主である海外の第三者法人と交渉してきた。

今回、2隻合計1675億ドル(約17億1500万円)の解約金支払いで期限前解約することで合意した。解約時期は12月20日頃までの予定。

解約金は今期、特別損失に計上するが、現在の業績予想には織り込み済み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集