ボーイング、女性エンジニアがフライトの効率化に貢献

航空 テクノロジー

ボーイングは同社の女性航空宇宙エンジニアであるモニカ・アルキャビンが、航空機の渋滞によって起こる、離陸や着陸の遅れがもたらす燃料消費や二酸化炭素の排出を抑える効率化したフライトを、技術や戦略で行うシステム開発に大きな貢献を果たしていることを明らかにした。

アルキャビンと航空エンジニアのチームは、ボーイングが開発した航空機に搭載されたテクノロジーや戦略によって、航空渋滞管理システムの運用効果を改良することで削減される燃料の使用量を評価した。

「航空渋滞の管理者達はとても詳細な手順を追って、適度なシークエンスを離陸と着陸の間に実施させ、航空機同士の距離を保っています。航空機が水平飛行や速度を落とすように指示されるいかなる時も、それは余分な燃料を燃やし、さらなる二酸化炭素が大気に流れ出し、航空会社により高いコストをかけてしまいます」

「もし航空機が空において唯一の飛行を行うとすれば、離陸の後に制限の無い上昇ができ、さらに最適の高度で目標に向かってダイレクトな経路を辿ることができます。私達が推奨する『最適化されたフライト』は航空機が離陸や着陸において、数多くのターンや水平飛行を行わずに済み、余分な燃料を消費することなく他の航空機との渋滞にフィットすることができます」とアルキャビンは語った。

2012年度の航空輸送アクショングループの報告によれば、この最適化されたフライトの技術は、航空会社の年間燃料消費を900万トン削減し、2600万トンの二酸化炭素排出を抑制するものとなり、EPAのデータを使用によれば、それは1年間に道路から540万台の車を排除したものと同様となるとのことである。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集