3台関係の多重衝突、車外で車両間に挟まれた2人が死傷

自動車 社会 社会

7日午後2時35分ごろ、静岡県静岡市葵区内の県道を走行中のトラックが、路上駐車していた軽トラックに追突。押し出されたクルマが前方の別の軽トラックに追突する事故が起きた。2台の間で路上清掃作業をしていた男性2人がクルマの間に挟まれ、死傷している。

静岡県警・静岡中央署によると、現場は静岡市葵区野田平付近で片側1車線の直線区間。トラックは走行中に道路左側の路外に逸脱。路上の清掃作業のために路肩へ駐車されていた軽トラックに追突した。

追突された軽トラックは、前方に駐車されていたもう1台の軽トラックに追突。2台のクルマの間で作業していた男性2人が車両の間に挟まれて全身を強打。近くの病院へ収容されたが、77歳の男性が出血性ショックでまもなく死亡。64歳の男性が骨盤骨折などの重傷を負った。警察は追突側のトラックを運転していた同区内に在住する46歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕し、1人死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを進めている。

聴取に対して男は「前をよく見ていなかった」などと供述しており、警察では前方不注視とハンドル操作の誤りが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集