サウスウエスト航空、不採算の3路線を廃止

航空 企業動向

サウスウエスト航空は12月5日、2014年6月7日よりブランソン空港(BKG)とキーウエスト国際空港(EYW)、ジャクソンエヴァース国際空港(JAN)への運航を停止することを発表した。

サウスウエスト航空はジャクソンエヴァース国際空港へのサービスを1997年に開始し、ブランソン空港とキーウエスト国際空港へのルートを2012年に、同航空会社の子会社であるエアトランとの統合の一部として加えることとなった。

「不運なことに、これらの市場にサウスウエスト航空が経済的にサービスを継続することが難しくなってしまった。これらの決定は決して簡単なものでは無かった」とサウスウエスト航空の上級副社長兼主任商業役員であるボブ・ジョーダン氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集