日本貨物航空、IATAの多国間e-AWBアグリーメントに参加を表明

航空 企業動向

日本貨物航空は、航空貨物業界のEDI化を促進するため、「IATA(国際航空運送協会)多国間e-AWBアグリーメント」に参加すると表明した。

IATA多国間e-AWBアグリーメントの枠組みでは、IATAに参加を表明することにより、IATAが定める要件に則ったe-AWB(航空輸送上の必須書類であるマスター・エア・ウェイビルを電子化したもの)での輸送が可能となる。

同社は今後も、e-AWB導入の路線拡大を進め、EDI化の促進による航空輸送サービスの品質向上を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集