インド都市部、商品購入の際のカード利用率が増加

エマージング・マーケット インド・南アジア

インド都市部、商品購入の際のカード利用率が増加
  • インド都市部、商品購入の際のカード利用率が増加
インドの巨大小売りチェーン店らの調べ によると、都市部では外で買い物をする際にクレジットカードやデビットカードの利用率が急速に増えてきているとの事。

エコノミック・タイムスが報じた。

国内のデビットカード利用者は約3億3,100万人、クレジットカードの利用者は約1950万人と見られている。

インド全国の主要ショッピングモール内に展開している大型アパレルショップ、ショッパーズストップや、巨大スーパー、スペンサーズなどでは半分以上の会計がカードによって済まされているとのデータがある。

インド政府も、偽札の流通抑止やカード利用によるサービス税の収入、紙幣印刷コストの軽減などの理由から利用を積極的に勧めているとの事。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品