三菱ふそう、台湾市場でのバス車体生産開始から10周年

自動車 ビジネス 海外マーケット

台湾向け大型バスの前で記念撮影をする小亀副社長(中央)および順益車輛関係者
  • 台湾向け大型バスの前で記念撮影をする小亀副社長(中央)および順益車輛関係者
  • 三菱ふそう、台湾市場でのバス車体生産開始から10周年
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、台湾市場における大型バスの車体組立開始から、今年で10周年が経過したことを発表した。

台湾市場においてMFTBCは、順益車輛に対し、2002年7月29日に出資。順益車輛は、2003年3月より大型バスの量産を開始し、今年で生産開始10周年が経過した。

なお、2006年からは、新工場を建設するとともに、大型トラック『スーパーグレート』のノックダウン生産を実施。2010年9月には、バス・トラック累計生産5000台を達成しており、10年間の累計生産は9224台となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集