マレーシア電気料金値上げ、小売&飲食業界に打撃 各種業界団体が遺憾の意

エマージング・マーケット 東南アジア

来年1月1日付けで電気料金が15%引き上げられることを受けて、小売業者などがコスト増による値上げを強いられる可能性が出てきた。

値上げ幅はマレーシア半島部が1キロワット/時(kWh)当たり4.99セン、サバ州とラブアンが5.00セン。半島部は平均で33.54センから38.53センに増加することになる。

商業・工業用の電気料金は平均16.85%値上がりすることとなり、コスト増加に繋がるため、関係者からは引き上げ幅が大きすぎるとの声があがっている。
千田真理子

編集部おすすめのニュース