プロトン、廉価版 ペルソナ 発表 月間販売目標2400台 マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

国民車メーカーのプロトン・ホールディングスは11月30日、廉価版のセダン車『ペルソナ・スーパー・バリュー(SV)』を発表した。ザ・サンなどが報じた。

月間の販売目標は2400台。プロトンは、6月に発表したBセグメント車『サガ・スーパー・バリュー(SV)』の販売台数を超え、目標を達成できると見込んでいる。サガSVの予約台数は、4万2000台に上っている。

排気量1.6リットルのペルソナSVの価格はマニュアル車が4万4938リンギ、オートマチック車が4万7938リンギ。プロトンが開発した「Campro」のターボエンジン、フロント・ディスク・ブレーキ、デュアル・エア・バッグ、サイドミラー・シグナル・ランプ、アンチ・ロック・ブレーキ・システムなどが搭載されている。

2007年に発表されたペルソナの販売台数は50万台に上っている。

ルクマン・イブラヒム副最高経営責任者(CEO)は、来年上期に世界レベルの新車を発表すると明らかにした。競争力を維持するには新モデルが必要だとコメント。8月に発表したセダン車『プレヴェ』の5ドア・ハッチバック版である『スプリマS』はインドネシア、豪州、タイ、ブルネイで発表していると明らかにした上で、英国や中東への進出も計画していると述べた。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品