タイ国鉄北部線、線路全面改修後初の列車が脱線 総裁も乗車

鉄道 行政

【タイ】線路の全面改修を終えたばかりのタイ国鉄(SRT)北部線で、運行再開後の最初の列車が脱線した。

 事故を起こした列車には視察のためプラパットSRT総裁が乗車していた。1日夜、北部チェンマイに向け、バンコクを出発。2日午前9時50分ごろ、北部ラムプン駅近くで脱線した。けが人はなく、午前11時までに復旧した。脱線は線路の問題ではなく、駅員による分岐器の操作ミスが原因とみられている。

 SRTは北部線のシラアート駅(北部ウタラディット県)―チェンマイ駅(チェンマイ県)間(総延長263キロ)で脱線が頻発したことから、9月16日から11月末まで同区間を閉鎖し、全面的な改修工事を実施。12月1日に運行を再開したばかりだった。
《newsclip》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品