マレーシア航空のスタッフ、台風ハイヤンの被災者に経済的援助

航空 企業動向

フィリピンの赤十字に寄付を行うマレーシア航空のスタッフ
  • フィリピンの赤十字に寄付を行うマレーシア航空のスタッフ
  • マレーシア航空
マレーシア航空は11月29日、フィリピンのマカティ市に所在するマレーシア航空のチケット販売事務所において、同社のスタッフ達が合計2万282.70マレーシア・リンギット=27万4338.36フィリピン・ペソを、フィリピンの赤十字に寄付したことを発表した。

マレーシアを代表するこの航空会社は、同社のオフィス全体を通して3日間(11月13日から15日)に渡り寄付金を集め、台風によって被害を受けた人々に提供した。

寄付金は、フィリピン航空を代表して、フィリピンのエリアマネージャーであるフローラ・ロー・アブドゥラーより赤十字の管理者であるクリサンタ・カイェタノと会計係のグラディス・ペレスへと手渡された。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集