日産車体、湘南工場第4地区をトノックスに売却

自動車 ビジネス 企業動向

日産車体は11月25日、湘南工場第4地区をトノックスに11億円で譲渡すると発表した。

日産車体では、日産車体九州の新工場設立に伴い、湘南工場の車両生産体制を再編。第1地区および第4地区での生産車種を第2地区へ集約させた。

遊休地となった第1地区(14万3000平米)は今年7月、三井不動産へ160億円で売却することが決定している。

今回、第4地区の土地(1万6500平米)および建物を特装機製造のトノックスに11億円で売却することを発表した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集