チーム トーヨー、 バルドウィン選手がバハ1000で2連覇達成

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

東洋ゴム工業の米国タイヤ販売子会社トーヨータイヤ U.S.A.がサポートするBJ・バルドウィン選手が、11月15日・16日、メキシコで開催された「バハ1000」で優勝を飾った。

バハ1000は毎年11月にメキシコ、バハ・カリフォルニア半島の砂漠を走破する、米国の代表的なオフロードレースシリーズ「スコアシリーズ」のひとつ。バルドウィン選手は、同社オフロードタイヤ「TOYO Open Country M/T」を装着したシボレー『シルバラ-ド トロフィートラック』で出場し、883.1マイル(約1421km)のコースを18時間36分10秒の好タイムで走破した。

同選手の優勝は昨年に続き2年連続。また今回の優勝で、スコアシリーズにおいても同じく2年連続年間総合優勝となった。

チーム トーヨーとしては、ロビー・ゴードン選手が今年5月に開催されたバハ500において優勝。このほかクラス1カテゴリーにおいても、ダーミン・ジェフェリー選手が優勝するなど好成績を収めている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集