【ドバイ航空ショー13】エアバス、440億ドルに相当する160の注文と誓約を獲得

航空 企業動向

第13回ドバイ航空ショー
  • 第13回ドバイ航空ショー
エアバスは11月20日、第13回ドバイ航空ショーにおいて、米ドルで440億ドルの価値を持つ、ワイドボディー航空機を中心に合計160機の受注を得たことを明らかにした。

中でもエアバスの『A380』と『A350 XWB』は、中東地域の顧客の要求と予測に適応することを証明した。これらの注文は50機のA380、40機の『A350-900』、10機の『A350-1000』、26機の『A321neo』、10機の『A320neo』、6機の『A330-200F』を含む404億ドルの価値を持つ142の確定注文と、36億ドルの価値を持つ18の了解覚書によって構成される。

エミレーツ航空が200億ドルに相当する50機のA380の追加による最も大きな注文を行い、数量においてはエティハド航空が40機のA350-900、10機のA350-1000、26機のA321neo、1機のA330-200Fを含む合計87機の確定注文を行った。

また多目的のA330-200Fは、カタール航空貨物の5機の確定注文(プラス8機の誓約)とエティハド航空による1機の注文を含む、30億ドルの価値を持つ合計14機の注文と誓約を獲得することで、今後の成功を垣間見せた。アルジェリア航空は6億4800万ドルの価値を持つ3機の『A330-200旅客機』の注文を行っている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集