デンマークのエコー、タイ北部の靴部品工場閉鎖 最低賃金引き上げで

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】デンマークの靴メーカー、エコーはタイ北部ピジット県ノーザンリージョン工業団地(ピジット)の工場を閉鎖し、従業員約1100人全員を解雇する。タイでの生産は中部アユタヤ県の工場に集約する。

 ピジット工場は2007年設立で、靴の部品を年1100万足分生産してきた。しかし、タイ政府が今年から最低賃金を全国一律300バーツに引き上げたため、労働コストが上昇。運送コストの問題もあり、閉鎖を決めた。

 ノーザンリージョン工業団地(ピジット)の工場はエコーの撤退で2社だけとなった。
《newsclip》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品