日本空港ビルディング、羽田空港第1/2旅客ターミナルビルを整備…乗継旅客の利便性向上

航空 企業動向

日本空港ビルディング、第1、第2旅客ターミナルビルを整備
  • 日本空港ビルディング、第1、第2旅客ターミナルビルを整備
日本空港ビルデングは、第1/2旅客ターミナルビルでの乗継旅客の利便性と快適性、機能性を向上するため、施設を拡充・整備すると発表した。

2014年夏ダイヤ(3月30日)から、羽田空港国際線の発着回数が年3万回増加することに伴い、国内・国際線の乗継旅客増加が予想されるための措置。

工事により、乗継旅客の利便性が向上するとともに、国内・海外の航空需要を促進させ、羽田空港全体の価値向上を図る。

第1旅客ターミナルビルは、到着バスプラットフォームと出発コンコース間のエスカレーターを新設する。

第2旅客ターミナルビルでは、到着コンコースとバスラウンジ間の動線を整備する。これに伴ってエレベーター、エスカレーターを新設する。バスラウンジと出発コンコース間のエスカレーターも新設するほか、バスラウンジの一部(南側バスラウンジ)を拡張する。

11月11日から着工し、2014年3月20日に完成する予定。総事業費は約17億円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品