飲酒運転の軽トラック、前走していた自転車に追突

自動車 社会 社会

6日午後11時20分ごろ、熊本県荒尾市内の市道で、道路左側の路肩を走行していた自転車に対し、後ろから進行してきた軽トラックが追突する事故が起きた。自転車に乗っていた男性が重傷。警察はクルマを運転していた49歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

熊本県警・荒尾署によると、現場は荒尾市蔵満付近で片側1車線の直線区間。歩道が設置されている。自転車は歩道ではなく、道路左側の路肩を走行していたところ、後ろから進行してきた軽トラックに追突された。

自転車は弾き飛ばされるようにして転倒。乗っていた38歳の男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打などの重傷を負った。クルマを運転していた熊本市北区内に在住する49歳の男からは高濃度のアルコール分を検出しており、警察は道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

聴取に対して男は「昼ごろから親族の家でビールなどを飲んでいた」と供述しており、警察では飲酒した量の特定を進めるとともに、自動車運転過失傷害容疑でも調べを進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集