マレーシアでのリオ五輪の放送権販売、電通と地元放送局が協議か

エマージング・マーケット 東南アジア

電通は、2016年に開催されるリオデジャネイロ・オリンピックのアジア17か国・地域における放送権を国際オリンピック委員会から獲得。

現在マレーシアにおける放送権の販売について国内の放送局を交渉を行っている模様だ。

情報筋によると、先ごろ電通の役員はクアラルンプールを訪問し、放送局と交渉を行ったという。交渉を行ったとみられるのは、▽RTM▽プリマ・メディア▽アストロ・ホールディングス▽テレコム・マレーシア▽アジアン・ブロードキャスティング・ネットワーク--。

電通は2016年のオリンピック競技大会の他、2014年開催の第22回オリンピック冬期競技大会(ロシア・ソチ)、第2回ユースオリンピック競技大会(中国・南京)の放送権も獲得している。獲得した放送権の対象地域は、マレーシア以外に▽インドネシア▽ミャンマー▽フィリピン▽シンガポール▽タイ▽ベトナム--も含まれている。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集