マレーシア ケダ州補選、野党連合が議席を維持

エマージング・マーケット 東南アジア

ケダ州議会スンガイ・リマウ選挙区の補欠選挙の投開票が11月4日に行われ、野党連合・人民同盟(PR)所属政党、汎マレーシア・イスラム党(PAS)の候補者が与党連合・国民戦線(BN)候補を破って当選した。

PASが接戦を制して現有議席を守った。

PAS所属のケダ州前首相、故アジザン・アブドル・ラザク氏(享年69)が9月26日に死去したことを受けたもの。PASが擁立した宗教学校教師のモハマド・アザム・アブドル・サマド氏(37)が、BN候補のアハマド・ソハイミ・ラジム氏(52)を破ったが、得票差は1,084票で5月5日の総選挙時と比べて半減した。故アジザン氏は先の総選挙では2,774票差をつけて再選を果たしていた。

投票率は85.5%で、総選挙時の89.4%から4ポイント近く下がった。5月の総選挙以降に行われた補選は今回が2回目で、7月24日のトレンガヌ州議会クアラベスット選挙区補選ではBN候補が勝利していた。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース