ボーイング、エア・ヨーロッパに25機目のNG737-800を納入

航空 企業動向

エア・ヨーロッパのNG737-800
  • エア・ヨーロッパのNG737-800
  • エア・ヨーロッパのNG737-800
ボーイングは11月5日、スペインの航空会社であるエア・ヨーロッパに、25機目となるネクスト・ジェネレーション(NG)737-800航空機を納入したことを発表した。

エア・ヨーロッパは、ペインのマヨルカ島での特別イベントにて公開した。

「新しい航空機の到着が常に喜びとなることにより、今日はエア・ヨーロッパにとってとても重要な日となった」とエア・ヨーロッパの親会社であるグローバリアの社長であるフアン・ホセ・ヒダルゴ氏は語った。

737-800はこのスペインの航空会社がボーイングより9機の納入を受けることにより、エア・ヨーロッパの短距離及び中距離飛行編隊のバックボーンを形作る。

エア・ヨーロッパはおよそ半数が737-800で編成された編隊により、ヨーロッパとアメリカの40以上の目的地にアクセスしている。パルマ・デ・マヨルカ空港を本拠とし、エア・ヨーロッパは1980年代半ばの創設よりスペインにおいて最も大きな航空会社の一つに成長している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集