アウディ第3四半期決算、営業利益は17%減

自動車 ビジネス 企業動向

ドイツの高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループ傘下のアウディは11月4日、2013年第3四半期(7‐9月)の決算を公表した。

同社の発表によると、ランボルギーニなどを含めたグループ全体の売上高は、117億3100万ユーロ(約1兆5555億円)。前年同期の126億4500万ユーロに対して、7.2%の減収。第3四半期の営業利益は、11億ユーロ(約1460億円)。前年同期の13億2500万ユーロに対して、17%の減益となった。

減収の要因は、新型車や新技術への投資が増えたため。また、中国やメキシコ、ブラジル、ハンガリーなど、世界規模での生産ネットワークの拡大や増強も、営業利益を圧迫する要因に。

アウディブランドの2013年第3四半期世界新車販売は、40万0281台。前年同期比は9.9%増と伸びた。アウディによると、アジアや北米での力強い成長と、新型『A3』シリーズに対する根強い需要の結果だという。

アウディのアクセル・ストロベックCFO(最高財務責任者)は、「積極的な投資により、アウディは世界市場での強固な地位を維持している」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集