デルタ航空、高度1万フィート未満の機内で小型電子機器を利用できる体制を構築

航空 企業動向

デルタ航空は、乗客が高度1万フィート未満の機内で小型電子機器を利用できるように準備を整えたと発表した。

従来、離着陸時を含め高度1万メートル未満の機内では全ての小型電子機器の利用が禁止されていたが、米国連邦航空局(FAA)による規制緩和を受け、運用計画の承認を前提に、早ければ米国時間11月1日から運用する予定。実現すれば、航空会社の中で最速のサービス提供となる。

デルタ航空では、全保有機材を対象に、フライトの全過程で小型電子機器の利用が航空機の安全運航に影響を与えないことを確認する耐性テストを完了して、運用計画をFAAに提出した。

FAAが機内での小型電子機器利用制限緩和を発表したことを受けて、デルタ航空の米国内幹線用機材約570機は、米国内線フライトの地上走行中、離陸時、着陸時に、読書用端末やタブレット、スマートフォンなど、機内モードに設定することを条件に、使用が許可される見込み。機内モードでの利用のため、携帯電話の通話は引き続き全面禁止となる。

米国内のローカル線を運航するデルタ・コネクションの約550機は、年内に同様のルール変更を適用する予定。米国内線で計800機以上の機内にて提供中のインターネットWi-Fi接続サービス(有料)は、引き続き高度1万フィート以上で提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集