東芝、電源出力の監視機能を強化した車載向けシステムICを発売

自動車 ビジネス 企業動向

車載汎用システム電源IC「TB9042FTG」
  • 車載汎用システム電源IC「TB9042FTG」
東芝は、監視機能を強化したマルチ出力の車載汎用システム電源IC「TB9042FTG」を製品化し、2013年11月1日からサンプル出荷を開始する。量産開始は2014年5月からの予定。

近年、車載システムに対する機能安全規格である「ISO26262」への要求が高まっており、電源ICにも機能安全の対応が求められている。本製品は、製品自身の動作異常や外部のマイコンの動作異常に対する監視機能を複数内蔵し、さらに、監視状態を外部システムへ通知する機能を備えており、機能安全対応を求められる車載システム向けの使用に最適だという。

また、本製品は高効率のDC-DCコンバータ内蔵により大電流化の進む車載アプリケーションの省電力化に貢献し、さらにシリーズ電源内蔵により低ノイズを実現している。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集