【NASCAR】ボウヤー、ヨガから得たヒント

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

クリント・ボウヤー
  • クリント・ボウヤー
  • ライアン・ニューマンとトニー・スチュアートの2人と談笑するボウヤー
  • ライアン・ニューマンとトニー・スチュアートの2人と談笑するボウヤー
  • クリント・ボウヤー
NASCARは9月28日、スプリントカップのレギュラーシーズン最終戦で起こったスキャンダルでネガティブなインパクトを受けたクリント・ボウヤー。メインスポンサーとの関係継続発表の後、彼等の主催するイベントに参加してリラックスしたことを公表した。

ボウヤーはチェイス・フォー・ザ・NASCARスプリントカップに制裁による50ポイントの減点で臨み、さらにドライバーの紹介時に人気ドライバーの1人であった彼は、ファンから初めてのブーイングを受けることとなった。

土曜日の早朝にヨガのストレッチは決して快適ではなかった。しかしドーバー・インターナショナル・スピードウェイで行われた5アワーエナジーが主催するヨガのイベントに100人のファン達と合流した彼はリラックスした様子で、両手をお祈りをでもするかのように頭の上で合わせ、片足でバランスを取りながら「光が見える!」と笑いながら語った。

「ヨガはおそらく僕の為のスポーツじゃないね。僕は勝利の呼吸さえできなかった。だから悪い兆候だね。しかし僕は5アワーエナジーがファンと交流し笑いを分かち合うことのできる、素敵で楽しいイベントを開催してくれたことに感謝している」とボウヤーは語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集