エアバス、四川航空にシャークレットの装備された最初のA321を納入

航空 企業動向

四川航空のシャークレットを装備したA321
  • 四川航空のシャークレットを装備したA321
  • 四川航空のシャークレットを装備したA321
中国で最も大きなエアバス機の運用会社である四川航空は、シャークレットを装備した最初の『A321』航空機の納入を受けた。

このIAE V2500エンジンが搭載されたA321は、8つのビジネスクラスの座席と、186のエコノミーの座席によって構成される2クラスのキャビンを持つ。

四川航空は全てをエアバスの航空機で運用する中国で最大の航空会社で、また最初のA321の運航を中国で最初に行った。そして2009年には、この航空会社は天津最終組み立て工場で製造された最初の『A320』を受け取っている。

このシャークレットを装備したA321の紹介により、航空会社は特にそのハブ空港のある中国南西部において、中国の航空旅行に対する成長しつつある要求に応じる為の、さらなる収容人数の拡大を可能とする。2013年8月までに、四川航空は6機のA330と75機のA320系列航空機を運航している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース