NASA、小惑星捕獲構想を考える公開ワークショップを開催…9月30日~10月2日

宇宙 テクノロジー

小惑星に近付く無人宇宙船
  • 小惑星に近付く無人宇宙船
  • 月惑星研究所webサイト
  • 小惑星を捕獲した無人宇宙船と、有人のオリオン宇宙船
  • NASA webサイト
米航空宇宙局(NASA)は9月30日から10月2日まで、テキサス州ヒューストンの月惑星研究所で、地球接近小惑星の特定・捕獲・移転構想を考える公開ワークショップを開催する。

小惑星の特定・捕獲・移転構想についての情報提供依頼(RFI)に対し、一般市民からも含めて400件以上のアイデアが寄せられた。NASA関係者によるセレクションを通過した96件のアイデアがワークショップで検討される。

ワークショップは、「地球接近小惑星の特定・捕獲・移転の最適な手段」「小惑星の脅威への対処法」といったテーマで専門家が議論する。集約された意見は、小惑星での有人・無人活動の実施、小惑星の発見・特性解析能力向上を目指す今後の計画に活用される。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集