アメリカン航空とUSエアウェイズ、合併期限を1カ月延長

航空 企業動向

アメリカン航空を傘下に持つAMRコーポレーションとUSエアウェイズ・グループは、合併期限を約1カ月延期することで合意したと発表した。

両社の合併については米国司法省が両社の合併が独占禁止法に抵触する疑いがあるとして提訴しているため。両社のトップは「両社の役員と管理職は、訴訟に勝利して、合併を完成させる。これによって競争力を強化してより良いサービスを顧客に提供する」との共同声明を発表した。

両社は2013年12月17日までに合併を完了する予定にしていたが2014年1月18日に延期する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集