【NASCAR】ゴードン、ピットボックス内の違反でリード失う[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジェフ・ゴードンのピット作業(動画キャプチャ)
  • ジェフ・ゴードンのピット作業(動画キャプチャ)
  • ジェフ・ゴードンのピット作業(動画キャプチャ)
  • ジェフ・ゴードンのピット作業(動画キャプチャ)
ニューハンプシャーで行われたNASCAR シルバニア300の決勝で、一時はレースをリードしていたジェフ・ゴードンが、ピットボックスのラインを越えてしまい、車をバックさせる間に時間をロスしたことが原因で、勝利のチャンスを失ってしまった。

ゴードンはこの決勝レースを3番手からスタートし、第111ラップでトップを走っていたマット・ケンゼスを捕らえてリードを奪い、そのことによってボーナスポイントを得た。

その後ゴードンは合計36ラップをすることとなったが、第202ラップにピットストップを行った時、彼はスライドを起こしてボックスのラインを少し越えてしまい、クルーがジャッキを下ろしてゴードンが車をバックさせ、再びジャッキアップされる間に時間をロスしてしまい、22番手でリスタートするという事態に至った。

ゴードンは懸命に順位回復を図ったが、最終的にレースを15位でフィニッシュし、チェイスのスタンディングで1ポジションを失って8位となった。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集