【NASCAR】トゥルエクス・Jr「全てのオプションを検討する」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マーティン・トゥルエクス・Jr
  • マーティン・トゥルエクス・Jr
  • マーティン・トゥルエクス・Jr
  • マーティン・トゥルエクス・Jr
  • マーティン・トゥルエクス・Jr
NASCAR マイケル・ウォルトリップ・レーシング(MWR)のドライバーであるマーティン・トゥルエクス・Jrが来季の動向について、MWRに時間を与える用意はあるが、同時に他の全てのオプションを真剣に考慮するという意志を明らかにした。

トゥルエクス・Jrはスプリントカップのレギュラーシーズン最終戦でのMWRの順位操作疑惑のためにポストシーズンのレース枠から外され、さらに彼の車のメインスポンサーであるNAPAオート・パーツがMWRからのスポンサーシップ脱退を表明し、現在非常に苦しい立場に立たされている。

しかし1990年代よりNASCARのチームのスポンサーを務めているNAPAのオフィシャルは、MWRとの関係を断絶したものの、スポンサーシップそのものを停止するとは発言しておらず、トゥルエクス・JrはNAPAとの堅固な関係を強調し、もし彼が他のチームに移籍した場合、同社が彼のスポンサーとなる可能性はあるとしている。

「僕達は素晴らしい関係を持っている。彼等が続けて僕をスポンサーすることは、1つのオプションだと思う。僕は彼等を上手く代表できたと感じているし、彼等は僕がレーストラックの中と外で行った仕事について、幸せに感じていることを知っている。何が起こるか今はわからないね」とトゥルエクス・Jrは語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集